FLOW

解体工事のお問い合わせから工事完了までの流れ

FLOW

解体工事のお問い合わせから工事完了までの流れ
一般的な建物解体工事・建築解体工事の、お問い合わせから工事完了までの流れです。 お客様のご要望や現場の状況に応じて、対応させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

1.解体工事お問い合わせ

解体工事現場の住所・建物の構造・面積(坪数)をお聞かせください。 わからないことや気になることがあればなんでもご相談ください。

2.現地調査

お客様との日程を調整し、直接お伺いしてどこからどこまでの範囲か、 どれくらいの大きさかなどを実際に拝見させていただきます。 建物の構造種別や解体作業環境、隣接家屋の状況や周辺地域の状況、周辺の道路状況などを確認し、 解体作業重機車両の選定をいたします。 お客様からのご要望や疑問をお伺いし、現地状況にあった解体工法を選択します。

3.お見積もりの提出

現地調査をもとに、解体工事にかかる費用の明確な内訳をご提出させていただきます。料金のかかかる箇所や なぜその料金なのかをはっきりとご提示させていただきます。あわせて解体方法などをご説明いたします。

4.ご契約(解体工事請負契約)

お見積書をご確認いただき、納得いただいた上で、ご契約となります。 ご契約が確定しましたら契約書を発行いたします。

5.建築リサイクル法に基づく届出

建設リサイクル法とは建物解体により生じた産業廃棄物の分別リサイクル(再資源化)を促進するために 定められた法律で解体する建築物の延べ床面積が80㎡を超える場合には届出(お客様の押印が必要です)が 義務付けられています。

6.近隣挨拶

解体工事現場近隣の方々にご挨拶をして、解体工事のご説明をいたします。

7.ライフラインの撤去

解体工事に入る前までに、電気・ガス・水道・電話・CATVなどの撤去、浄化槽・便槽の清掃をお願いします。 ※水道については解体工事中に散水用として使用させていただきますので開栓をお願いいたします。

8.解体工事着手

現地調査やお客様との打ち合わせで決まった内容で解体工事に入ります。 解体工事期間中は現場の作業環境や状況により万全の対応を行います。 ものが飛ばされないように毎日掃除をして帰ります。
●騒音対策:防音シート・防音パネル養生・低騒音型重機使用
●振動対策:余剰負荷をかけない操作・重機低速走行
●防塵対策:みずまき・防炎シート
●安全対策:毎日のKY活動・安全帯使用・ガードマン確保

9.工事完了

しっかりとお客様に確認していただき。工事完了となります。

10.建物滅失証明書発行

解体工事完了後、弊社より建物滅失証明書を発行いたします。 各市町村の課税課(固定資産税)へ届け出ることで解体した建物に対する固定資産税の支払い義務がなくなります。 あわせて法務局にて建物滅失登記を行なう必要があります。弊社にて司法書士のご紹介もできます。

お分かりにならないことはなんでもご相談ください。

TEL/0835-24-2440

受付時間:9:00〜17:00

事務所: 〒747-0014 山口県防府市大字江泊773-1
第2ヤード: 〒747-0014 山口県防府市大字江泊130-20
Tel: 0835-24-2440 Fax: 0835-28-0026 Email: k.yamamotokougyou@gmail.com

Copyright © 2021 YAMAMOTO KOGYO All Rights Reserved.